BACK
2008-08-10

横須賀視察旅行(前半)

といっても行ったのは先週です(ぉ

以前から気になっていたけど、なんとなくスルーしていた横須賀。
あのへんだと、鎌倉に目が行ってしまうんですよね。
こう、外人さんがいっぱいいて、観光客も満ち溢れてて、
暑苦しい街なんじゃないか…と想像してたのもある。

が、しかし、やはり百想像は一見にしかず。
行ってびっくり見てびっくり、想像以上の田舎パワーで大満足プレイスでした!
個人的には褒めちぎってるつもりだけど、広報的には良くないかもしれないlol

まあ前置きはこのくらいにして、街中のレポなど。

今回はいつもの第三京浜-横浜新道-横浜横須賀道路で行ってみました。
横浜横須賀道路はすごいです。
大自然です。
着く前からわくわくすること間違い無しです。
まあ山間部の高速は得てしてこんなもんですが。好き好き大好き。

横須賀インターで降りると、横須賀左折みたいな看板が出てます。
導かれるままに左折すると、再び有料道路に吸い込まれますlol
うーむ、やる。
しかし他の道もないし、まさに寡占道路。やむかたなし。

そんなこんなでしばらく走ってると…ええ、見えてきますよ…軍艦が!
早速降りて、傍の公園から激写! 萌え!



星条旗が掲げられてます。
アメさんの脅威を肌で感じる…
何気にナマ星条旗を見たのは初めてかもしれない。

なんだかやたらとイージス艦が浮いてました。なんとかのバーゲンセールってやつです。
これは高いんじゃなかったのか。

これまた初めて見た生イージス艦は…あまりかっこよくないlol
はっきりいって、主砲がついてなかったら軍艦に見えない。
やたら低くてごんぶとな艦橋、帆でも張れそうな幅広マスト、艦橋の上にオバQがいっぱい(ぉ
ジパングの方々が気味悪がるのも無理ないです。
あ、でも主砲は予想より大きかったかな。

あと、1隻だけ海自がいました。潜水艦ですが@@;



旭日旗です。
そういえば何で国旗と模様が違うのだろう。
あと潜水艦の表面って、そんなに綺麗な曲線でもなく、意外とボコボコしてました。
あれで水圧とか大丈夫なのだろうか。


とりあえず、公園の中にカフェ風の店があったので、そこで昼飯。
シーフードカレーを食す。決め手は強気な1400円(ぉ
どんだけ凄いのが出てくるのか…と期待していたところ。

うおー、量これだけかYO!
あまりの衝撃の量に、写真を取ったらあざとすぎるかもしれないと動揺してしまい、
激写する暇もなく食事開始。
…うまいlol
なんだろうこの味は。
高いカレーならではの旨みMAXだけではなく、あとからやってくる隠れ辛みと、謎の後引き味。
あと具も(少ないけど)うまい…
これは許すしかない…
ヴェルニー公園の中頃に位置するテラス風洋食店。
名前は忘れたlol



食後は公園を散策。
湾内は小魚で満ち溢れていた。
意外と栄養豊富な湾なのだろうか。
湾の形は典型的なC型で、丘陵に囲われているようなところ。
稜線の向こう側からゼロファイターが飛んできそうです。

しかし、本当に軍港以外は何もないところだなぁ。
まあ山が水際まで迫っていてほとんど平地が無いので、無理もないことですが。大好きです。
ヴェルニー公園付属の資料館によると、造船所もあるらしいが、ここからでは見えず。

資料館には現役の海自の学生さんがいて、軽く衝撃を覚えました。
真っ白な服、軍帽に「海上自衛隊」の文字、肩には階級が。
中の人はどうみても10代なのですが、やはり何か雰囲気が違う。
特に女の子。
何で日本を守ろうと思ったんだろう。
いや、守るなってことじゃなくて、その経緯が、想像もつかない。

若者も色々ってことなのかな。
個人的には、ここ唯一のテーマパークっぽい、ダイエーのショッピングモールをうろついてる
ズボンずらしてはいてる子たちが、若者のイメージなだけに…

ここのダイエーはごく一部にわかりやすく説明すると、若葉ウォーク的存在でした。
シネマとかあったりします。
あやうくポヨを観るところだった(謎
ここも日本人だらけだったなぁ…プライスタグとかも全部日本語だし。
このへんには来ないのかもしれない。

まだまだ続くのですが、なんだか疲れてきた…後半へ持ち越し。

BACK