BACK
2016-05-25

MAVEN先生

ZXingのJarを更新しようと思ったら、ソースしか配っていなかった。
仕方ない、自分でビルドしよう、と思ってみてみたら、MAVEN?というのを使っているらしい。

Maven。安心のApache先生。
https://maven.apache.org/

なんだかビルド環境を自動的に作ります、的な、嫌な予感のする仕組みだったが、
そういえばNetBeansで見たことある。読み込ませたら勝手にやってくれるに違いない(ぉ

と思ってプロジェクトを開くから読み込んでみたら、やったぜなんかアイコン出てる!
しかも開いてみたらビルドも押せるじゃない、とりあえずポチッと。
。。。FAILED。
まあ流石にそんなうまい話はない、というか、これ系がさらっと動いたことない。
cpanは除く。

カラフルなメッセージが山のように出ていたのでへこたれそうになったが、
一見普通のメッセージ風な黒色テキストで

Detected Maven Version: 3.0.5 is not in the allowed range 3.2.1.

と出ていた。
どうやらNetBeansのMAVENが古いようだ。
ネットの海をさまよったところ、オプションで設定できるとのこと。
Mavenの最新版をDLし、適当に配置。



参照で設定できる。
binじゃなくて、その親パスを設定する。
違うところ選んでると、無効だと怒られるので安心。

オチとしては、ZXingはJarも配っていた。
http://repo1.maven.org/maven2/com/google/zxing/
OMG!!

BACK