BACK
2012-10-22

USB通信用と充電用

USBには通信用に使えるものと充電しかできないものがあるのはハマった人はよくご存知の事実。
で、私は充電用が結線が少ない安物と思っていたのですが、
充電用にも意味があることを本日確認しました。

それは
ものによっては通信用ケーブルで充電しようとしても、通信機器判定される。
手持ちのAndroid端末を通信用で充電しようとしたところ、
接続は認識されるものの、いっこうに充電されないという事態が発生。

うーん、たしかに電圧だけじゃ通信なのか充電なのかわからないからなぁ。
特にノートパソコンとかだと充電じゃないかもしれないし。
まあユーザ的には両方やってくれればいいんですが、それはめんどいのかな@@;

しかしお陰でAndroidテスト用の通信ケーブルと外付けバッテリーの充電ケーブル一本化の夢は成らず。
鞄の中がカオス化しつつある・・・むう。


BACK