BACK
2008-11-25

どきどきHoI2日記

メインマシンの突然落ちる病を直すべく、いろいろ組み合わせを変えてみたけど直らず。
そしてそんなマシンで日記を書いてます…なぜならMiniにSDカードリーダがないから@@;
これはわる良い緊張感。

連休の前半は飲み会でしたが、後半は引きこもってHoI2やってました。
はっきり言ってやりすぎた…そしてエンドレスなので封印指定…
面白くないとやらず、面白すぎると禁止というパラドクス世界です。
で、年貢を納める前にやりまくった内容をプレイ日記的に綴ってみる。

前の日記でも少し触れましたが、今回は南アフリカでプレイしてます。
年は1936年。ドイツが爆発する約2年ほど前の時期です。
始める前からわかってましたが、この国はとても弱いです@@;
戦力と工業力だけ見ると、典型的などうでもいい国です。
人口も当然ながら少ないので、歩兵量産で貢献…とかもできません。

でも、この国は天然資源が割と取れるので、決していらない子じゃないんです!
連合国(イギリスとかフランスとかカナダとか)の中では見込みがあるほうでもあります。
というか、正直言って、連合国のメンバーはひどい…w
盟主のイギリスを除けば、強国といえるのはフランスとカナダくらいですが、
フランスは序盤で昇天するし、カナダは頑張ってくれるけど…けなげだけど…な程度。

連合といえばみなさんご存知のリアルチートのアメさんは、36年のころはモンロー主義でぬくってますlol
まあアメさんが本気だといきなり最終回なのでしょうがないですね!

でも、そんな彼が後で本気出して、勝ち組になれることがわかってたので、
ヨーロッパで防波堤となるべく頑張ってみたんですよ。
まずはフランスになけなしの歩兵送ってみたけど、ドイツ次世代過ぎて肉壁にもならなかったlol
パリが落ちたので、鉄の車に包囲される前に唯一の海軍である輸送艦でブリテン島に退避。
乗れなかったフランス軍はお星様になりました…かたきは取れるように善処します(ぉ

フランスが落ちたと思ったら、すぐさまバトルオブブリテン開始。
史実だと英国空軍が頑張ったらしいのですが、AIはアフリカ戦線にご執着なのか、
本土に歩兵数部隊しか置いてない状態なので、南ア製スピットファイアが大活躍です@@;
いのちをだいじに、で運用して、上陸部隊はフランス脱出組で追い返して耐える。



頼むから自陣を守ってほしい。涙目。
しかもアフリカはアフリカでイタリアに押されるってどういうことなの…そっちも支える。

いろいろジリ貧でしたが…そうこうしているうちに、待望の41年に。
われらがジャポンが鬼畜米英に宣戦を布告してくれたおかげで、ようやくアメさんが戦闘モードに!
これから始まる二流品でのごり押しに、心ときめきんぐ…

の、はず、が。
あれ、なんだか知らないけど、星マークの軍がひとつも来ない…?
もしかして日本戦だけでいっぱいいっぱいですか…?
むしろ日本に押されているように見えるのは気のせいに違いない…?
ついでにインパールも抜かれてインドの色が変わっていくのも目の錯覚錯覚錯覚…
そうこうしているうちに、ドイツ様の一流品の物量があふれ返って



第一部、完(ぉ

…どうやら、アメさんは日本が片付かないとヨーロッパにはこないらしい、ということがわかりました@@;
ですが、はっきり言って彼が来ないと戦いになりません。
ドイツはヨーロッパを上半分をほぼ手中に収めてますし、下半分は弟のイタリアがはばを利かせてます。
同弟はよくヘタレアなんて小ばかにされてますが、南ア的には子供と大人くらい違います。
人外の兄と比べればまだ勝負になる感じですが、日ごろ鬱積したものがあるのか、
ここぞとばかりに暴力を振るってきます。ひどいです。


こんな感じに。


とりあえず、フランスを守るのは無理ということがわかったので、
彼をダシにしつつ、イギリスを死守している間に、加工貿易する方針でやり直すことに。
しかし、南アは連合の一員、戦争からは逃げられないので…
クーデターでひっくり返すことにしてみましたlol
打率5%で、1トライで国家予算くらいの金を消費しますが、
イギリスでは勝てないし、もちろん自力は言わずもがな…なので、もはやこれしかない。
幸い?南アの大臣はクーデターにボーナスのある方々ばかりで、役目を得たりと金をつぎ込む。
で、10回目くらいでヒトラー総統が、その直後にスターリン同志が倒れて、それぞれ民主主義国家が樹立lol


目にやさしいアカ。

民間主導のロシア…なんだかとても強そうです…
冷戦じゃ収まらないくらいに。
ドイツは…民主化したにもかかわらず、フランスの一部を申し訳程度に開放しただけ@@;
国力と兵力的に、どうみても世界最強の国家です。
アメリカとドイツ、どっちが警察に向いているだろうか。
それとも白いロシア?

なんだか強いところをチートみたいな手で落としてしまいました。
さて、残ったファシストはイタリアと日本。
だけど、この2大強国さえいれば、喜望峰でクジラ釣りしている間に勝利で終わるに違いない。
あっけない幕引きになりそう…クーデターは禁じ手かなぁ…
まあ顛末でも見て終わりにするか。


………
……

と、後はすべてが丸く収まるはずだったんですが。
どっちも味方になってくれませんでしたlol
クーデター国家なんだから、半ば自由に操作できるものと思っていたらそうでもなく。
しかもアメさんは相変わらず同盟を組む気がまったくないというか、日本倒したら僕はまた寝ます、
という意思がひししと感じ取れるCOOLな感じ!

そして、これもたぶん錯覚なんですが、ウラジオストクに日の丸が立ってます。
日本強すぎ、ワラタ。
ありえない…世界民主化計画はうまくいったのに、世の中がファシストを求めているのか?
プレイヤーの心を揺さぶりかける憎い作りだな♪
と思った次の瞬間、民主ドイツに宣戦を布告されて、僕のこころはまっぷっつに折れました(死


まだもう少しだけ続けてみたんですが、ドイツ軍がアメさんと比べても次世代すぎて、
もう誰も彼の歩みを止められませんでした。
前世で5年間持ちこたえたブリテン島も半年くらいで鈎十字…じゃなくて民主的な何かになりましたlol
そしてウチこと南アはひどい弟に(ry

またやる機会があったら、もう少し大きい国でやろう。
日本とかでやろう。

BACK